ウェブ制作のポイントは誰に対するサイトなのかを考えること!その3つのポイント

ウェブサイトは誰に向けたものなのか考える

ウェブ制作をする際、必ず誰かの役に立つものである必要があります。誰もが役に立つと考えてしまうと、内容がブレてしまい、逆に誰も利用しなくなってしまいます。だからポイントとして、誰に向けたサイトなのかをまず考えると良いです。性別や年齢、パソコンの利用度や興味ある分野など、あらゆる点を考え、利用する人を絞り込みます。利用者を絞り込むことでウェブ制作しやすくなり、利用者を確実に増やすことができるでしょう。

内容に一貫性を持たせる

誰が利用するのかを考えたとき、それに合わせて内容も考える必要があります。ウェブサイトのメインは内容にあるので、その内容がブレてしまうと利用者もブレてしまい、利用頻度が下がってしまいます。誰に向けて考えた後は、その人たちに合う内容を提供するように考えましょう。そして、内容とは関係のない話はNGとなるので注意が必要です。ウェブサイトを更新する際、必ず内容をチェックし、利用者が利益にあるものにすることが大切になります。

分かりづらくならないよう注意

ウェブ制作する際、最も注意しなければならないことは複雑なサイトになることです。複雑になってしまうと分かりづらくなってしまい、利用が不便になってしまいます。高い技術力で制作することは大切ですが、それによって利用しづらくなると意味がありません。この点に関しても、誰に向けたサイトなのかを考慮し、その人たちが不便しない作りにすることが大切です。ただ、誰にでも共通するポイントが、分かりやすさと素早さになるので、この2点は必ず守ると良いでしょう。

コーディングとは仕様書や設計書などの内容を、コンピューターが読み取れるコードとして記述する作業のことです。ただ、プログラミングが同じ意味で使われる場合もあります。