実は秘訣がある!?LEDの寿命を延ばすコツ

熱によって大きく変わるLEDの寿命

LEDは白熱電球よりも長寿命であるのが大きなメリットです。しかし普段からメンテナンスを心掛けていないと、本来の寿命の長さを活かせません。LEDの寿命が短くなる要因として挙げられるのが熱の問題です。LED素子は熱に弱いため、高温にさらされる時間が長いと寿命が短くなってしまいます。そこでLEDに熱がこもらないように、積もった埃を取り除くなどの手入れが必要になりますね。熱への配慮を怠らなければ、LEDはかなり長持ちしますよ。

こまめに消灯して長持ちするLED

長寿命のLEDであっても、長時間点灯していればいずれ交換しなければなりません。そこで照明が必要ない時にはこまめに消灯する心掛けが必要でしょう。LEDは傾向とは違い、点灯回数で寿命が短くなる性質は持ちません。そのため気づいた時には頻繁に消灯するよう意識し、LEDの寿命が延びます。また人がいる時にだけ点灯する照明用途であれば、対人センサータイプのLEDを使用する方法も寿命を延ばすのには効果がありますね。

設計や部品の品質で違いがあるLEDの寿命

LEDは、製造メーカーによって寿命に違いが見られます。これはLEDの設計やさらには製造に用いられる部品の品質に違いがあるためです。技術力が高く品質に優れた製品を作ることで定評のあるメーカーは、LEDの設計や使用する部品の質が高い傾向にあります。そのようなLED製品は期待している通りの長寿命を発揮してくれるでしょう。一方で技術力に問題があるメーカー製では、本来の寿命の時間よりも短時間で点灯しなくなる可能性は考えられますね。

ledパネルの使い方をマスターするために、複数の製品の最新式の機能をチェックすることがポイントとして挙げられます。